【弦楽器アドヴァイザー就任のお知らせ】

2021年7月より

日本を代表するヴィオラ奏者の川本嘉子さんに、

愛知室内オーケストラの弦楽器アドヴァイザーに就任していただきました。

川本さんには今後、弦楽器はもとよりオーケストラ全体の演奏技術向上のためご尽力いただきます。

川本嘉子さん.jpg

Yoshiko Kawamoto

1992年ジュネーヴ国際コンクール・ヴィオラ部門で最高位(1位なしの2位)。1996年村松賞、1997年第7回新日鉄音楽賞・フレッシュアーティスト賞、2015年東燃ゼネラル音楽賞・奨励賞受賞。ソリスト・室内楽奏者として最も活躍しているヴィオラ奏者の1人。京都アルティ弦楽四重奏団、AOIレジデンス・クヮルテットのメンバー。タングルウッド、マールボロ、ダボス、サイトウキネン、アルゲリッチ音楽祭等のフェスティバル、小澤音楽塾、水戸室内管等に参加。また、ソリストとして、これまでにガリー・ベルティーニ、ジャン・フルネ等の著名な指揮者と共演。1999年~2002年 都響の首席奏者、2017年〜2021年3月までNHK交響楽団の首席客演ヴィオラ奏者を務めた。日本を代表するヴィオラ奏者として活躍している。